金利が手頃な専業主婦カードローン

専業主婦カードローンは、銀行カードローンになるため、消費者金融に比べ金利がリーズナブルである事が特徴です。
 
銀行カードローンの中には、女性専用の目的別ローンを提供している所もあります。
 
利用目的が定まっているローンであれば、その費用分だけ貸金業者が負担すれば良いわけですから、貸し倒れリスクは低くなりますが、利用目的が特に定まっていない専業主婦カードローンの場合は、利用目的も特に定まりなく繰り返し使う事が出来る事から、貸し倒れリスクは目的ローンに比べどうしても高くなります。
 
一般的にカードローンの場合、資金使途は自由ですが使途自由である反面、貸し倒れリスクをカバーするために金利が高くなりがちです。
 
そしてそれは専業主婦カードローンでも同じことが言えますが、あらかじめ離婚費用や出産費用、または子供の教育費用といった目的が明確に定まったものであるならば、それは一度カードローンではなく目的型ローンで申し込みした方が大幅に金利負担を安くできます。
 
一般的に専業主婦カードローンの場合は、金利相場が18%前後であるのに対して目的型ローンの場合は5%前後ですから、非常に手頃な金利負担で収まりますし、また融資額もフリーローンとは違い、大口で融資してもらえるような場合もありますので、一度貸金業者並びに銀行系カードローンへ尋ねてみるといいかもしれません。
 
ただし、女性専用の目的別ローンを提供している銀行はかなり少なくなっており、審査や融資に時間がかかることも覚えておきましょう。

このページの先頭へ